お知らせ

  • TOP
  • >
  • お知らせ
  • >
  • トピックス
  • >
  • 経済産業省「非破壊試験-加工穴内径面の自動検査装置-第2部:レーザ式検査装置の性能試験方法(JIS Z 2324-2)」が制定されました!!

トピックス

2020.11.18
経済産業省「非破壊試験-加工穴内径面の自動検査装置-第2部:レーザ式検査装置の性能試験方法(JIS Z 2324-2)」が制定されました!!

本年11月20日、「非破壊試験-加工穴内径面の自動検査装置-第2部:レーザ式検査装置の性能試験方法(JIS Z 2324-2)」の日本工業規格(JIS規格)が制定されました。
本JIS の制定によって、レーザ式、カメラ式及び渦電流式の3 方式の“加工穴内径面自動試験装置”に関する性能試験方法が統一され、客観的な性能の評価及び比較が可能となりました。
これにより、“加工穴内径面自動検査装置”の信頼性が向上し、部品の品質確保や“きず”検査の合理化、省力化に寄与するとともに、ひいては自動検査装置の普及による新たな市場の創出が期待されます。

今後、本JISを活用した新サービスを提供して参ります。
※詳細は営業まで。

経済産業省:https://www.meti.go.jp/press/2020/11/20201120001/20201120001-2.pdf

pagetop